【20代におすすめの転職エージェント3選】

この記事では20代のはじめての転職におすすめの転職エージェントをご紹介いたします。私が実際に利用してみての感想も書いておりますので、転職エージェント選びの参考にしてくださいね。

UZUZ第二新卒

【利用者の83%以上が内定獲得!】UZUZ第二新卒

サービス利用者の83%以上が1社以上の内定を獲得書類通過率についても87%と高い実績を誇る転職エージェントです。面接・応募書類について実践的なノウハウを学べます。

求職者一人当たりの平均サポートが時間は20時間と、手厚いサポート体制が魅力。前述の実績もうなずけます。

取扱い求人は「離職率」「労働時間」「社会保険の有無」「雇用形態」などで厳しい基準を設けているため、ブラック企業は徹底排除。厳選された優良企業のみを紹介してくれます。

入社後、サービス利用者の定着率は93%。ミスマッチが発生しにくいことからも、サービス内容の質の高さが伝わりますね。

第二新卒エージェントneo

【第二新卒エージェントneo】

若手向けの転職エージェントの中でも取り扱い件数はトップクラス。ブラック企業を除外し、優良企業のみを紹介している転職エージェントです。1人あたり平均10時間の手厚いサポート、面接対策についてもしっかり行ってくれます。初回の面談が約2時間と他の転職エージェントと比較しても長め。その中で今後のキャリアプランを相談しながら組み立てていきます。

転職エージェントは初回のキャリアカウンセリング以降は求人を送り付けてくるだけのメルマガと化すパターンが多い中、求職者に真摯に向き合ってくれる姿勢はかなり好印象でした。不採用となった場合も改善点をしっかり教えてくれるので、ウィークポイントを克服して次の面接に生かすことが可能です。

前述したとおりサポート体制が充実しているので、いきなり1人で動くのは不安な方にはイチオシの転職エージェントです。

株式会社日本若者転職支援センター

【正社員内定率98%!】日本若者転職支援センター

未経験分野への転職を考える20代におすすめの転職エージェントです。

1万件以上の未経験歓迎求人を有しており、2社目でキャリアチェンジを図りたい、と考えている方におすすめです。

また、学歴・職歴に自信のない方、派遣社員やフリーターといった非正規雇用から正規雇用を目指す方の利用者も多く、正社員内定率は98%と高い成功率を誇ります。

本人の適性・希望に叶った求人を厳選して紹介するため、入社後1年の定着率は95%。ミスマッチの少なさも大きな魅力です。

おわりに

この記事では実際に私が過去に利用したことのある転職エージェントを3つ紹介させていただきました。

今回紹介した転職エージェントはいずれもサポートが手厚く、成功率の高さ、豊富な求人数を誇る転職エージェントです。これらの転職エージェントを上手く活用して、転職活動を成功させましょう。

志望動機の作り方 5つのポイント


本記事では、求職者が志望動機を作成する際に役立つ5つのポイントについて解説します。

1.企業の理念や価値観に共感を寄せる

志望する企業の理念や価値観に共感していることを示すことが重要です。企業が大切にしている価値観に共感し、その理念を実現するために自分の力を貸したいという意欲をアピールしましょう。

2.自身のスキルや経験を盛り込む

自身の持つスキルや経験が、応募するポジションや企業のニーズとどのようにマッチしているかを明確に示すことが重要です。自分の強みを最大限に生かせる環境で働きたいという意思を示しましょう。

3.成長やキャリアパスを明確に

応募先での成長やキャリアパスに期待していることを述べることで、将来への意欲や継続的な成長意欲をアピールできます。自分のキャリアをどう発展させたいのか、具体的に示すことが重要です。

4.業種・職種を選んだ理由を盛り込む

応募する企業が位置する業界や市場に対する理解や関心を示すことで、その企業での活躍意欲や貢献意欲をアピールできます。また、なぜこの業界を受けるのか?職種を受けるのか?と聞かれる可能性が高いので、それぞれの質問に対する回答を用意しておくのが良いでしょう。業界や市場の動向に敏感であり、自ら情報を収集し、学び続ける姿勢をアピールすることが大切です。

5.新しいチャレンジへの意欲

新しい環境やチャレンジに対する意欲を示すことで、変化や成長に積極的な姿勢をアピールできます。自分を成長させる機会を求め、新しいことに挑戦したいという意志を示しましょう。

これらの5つの要素を念頭に置いて、志望動機を作ってみましょう!

面接対策に必要な5つの要素


この記事では面接対策に必要な5つの要素を紹介いたします。

1.企業研究を徹底する

面接前には、応募する企業の特徴やビジョン、業績などを徹底的に調査しましょう。企業の文化や価値観について理解し、面接で適切な質問や意見を交えることが重要です。

2.自己分析を行い自己PRを準備する

自分の強みや経験、スキルをしっかりと把握し、それらを活かした自己PRを準備しましょう。具体的な事例や実績を交えて自己紹介することで、自分の価値をアピールすることができます。

3.スキルや経験に合わせた事例を用意する

面接で求められる行動や能力について、過去の経験や事例を挙げて説明できるよう準備しましょう。STAR法(Situation, Task, Action, Result)を使って具体的に説明すると良いでしょう。

4.姿勢や表情、声のトーンに気を配る

面接では、姿勢や表情、声のトーンなども重要です。自信を持って話すことや、相手に興味を持っている様子を表現することが大切です。

5.質問への準備を怠らない

面接では、面接官からの質問に対して適切に回答することが求められます。一般的な質問や、自己PRに関連する質問、業界や企業に関する質問などに備えておきましょう。

これらの5つの要素を念頭に置いて、面接に臨みましょう!

自己PRに必要な5つの要素


この記事では自己PRに必要な5つの要素を紹介いたします。

1.過去の実績や成果を具体的に示す

自己PR文では、過去の実績や成果を具体的に示すことが重要です。具体的な数字や事例を挙げることで、自分の能力や実力を証明することができます。

2.自身の強みを明確化する

自己PR文では、自身の強みや特技を明確に示しましょう。他の応募者との差別化を図るため、自分だけの独自性をアピールします。

3.目標や志望動機を具体的に述べる

応募する企業やポジションに対する熱意や理解を示すため、目標や志望動機を具体的に述べます。企業研究を行い、その企業が抱える課題や価値観に触れると良いでしょう。

4.ポジティブな表現を心掛ける

自己PR文では、ポジティブな表現を心掛けましょう。自信を持って自己紹介を行い、相手に良い印象を与えることが重要です。

5.簡潔でわかりやすい文章を心掛ける

自己PR文は簡潔でわかりやすい文章を心掛けましょう。長文や専門用語を避け、相手がすぐに理解できるような表現を心掛けます。

これらの5つの要素を意識して、自己PRを作成していきましょう!

転職に必要な5つのステップ


転職活動に必要な5つのステップをこの記事ではご紹介いたします!

1.自己分析

自分の強みや価値観、キャリア目標を明確化しましょう。どのような職場環境や仕事内容が自分に合っているのかを考えることが重要です。

2.企業研究

転職先となる企業を十分に調査しましょう。企業の特徴や文化、ビジョンなどを理解し、自分がどのように貢献できるかを考えます。

3.履歴書・職務経歴書の作成

履歴書・職務経歴書の作成:自己分析や企業研究の結果をもとに、履歴書や職務経歴書を作成します。過去の実績やスキルを具体的に示し、転職先にアピールできるよう工夫します。

4.求人情報の収集

転職サイトや企業の採用情報などから求人情報を収集し、自分にマッチする求人を探します。複数の求人に応募することで、選択肢を広げることができます。

5.面接対策

応募した企業から面接の機会を得た場合、面接対策を行います。自己PRや志望動機、過去の経験などについて準備し、自分の魅力をアピールします。

これらのステップを踏まえて転職活動に臨みましょう!

内定が出やすい履歴書の書き方を紹介!


内定をもらいやすい履歴書を書くためには、以下のポイントに気を付けると通過率が高くなります。

1.全体の見やすさ

見やすく、整理されたレイアウトを心掛けて書くことが大切です。学歴、職歴、スキルなどを明確に区切り、箇条書きで情報を記述すると良いでしょう。情報量を詰め込み伝わりづらくなってしまうので、アピールしたいポイントを3~5つほどに絞って記載しましょう。

2.自己PR

自己PRではこれまでの職歴の実績をベースに、自身の強みをアピールしていきます。具体的な数字や事例を挙げるとベストです。営業やマーケティング職などの場合は売上実績やCV数などの数値をベースにしてアピールポイントを作ると良いでしょう。

3.志望動機

志望動機は具体的且つシンプルに記述するのが良いでしょう。志望動機が特にない場合、企業の採用ページや求人情報に「この仕事に向いている人はどんな人か?」というインタビューが掲載されていることが多いので、それらを参照すると作りやすくなると思います。

これらのポイントに気を付けながら、自分の強みや経験を最大限に活かした履歴書を書くと、内定をもらいやすくなります。